トップ > 九十九島のいりこ > 九十九島のいりこは生産量日本一

  • 佐世保市北部商工会 特定特産品 オンラインストア
  • イリコ米できました!!
  • 九十九島漁協 ホームページはこちら
  • いりこドレッシング
  • 商工会ホームページ
  • 煮干しいりこ
  • 長崎県
  • 佐世保市

九十九島のいりこは生産量日本一

平成19年度の農林水産省による統計結果では、全国のいわし煮干し生産量は32,664tとなり、うち長崎県は8,503tと全国1位となります。さらに九十九島漁業協同組合は、その中でも1位となる4,432tの生産量を誇っています。

生産グラフ

九十九島漁協のいりこ生産量が日本一である理由

日本列島の南側から流れてくる黒潮が沖縄付近で二つにわかれ、対馬海流となって日本海へ入ってきており、佐世保市小佐々町周辺の海には、魚のえさとなるプランクトンが豊富なため、たくさんの魚が集まるよい漁場となっています。
小佐々産いりこの主な原料となるカタクチイワシの産卵に適した海があるといえます。
また、イワシを獲る巻き網漁の漁師さんが多いのと加工業者が多く、協力関係が整っている点も理由のひとつです。

お知らせ一覧 | 地域情報一覧 | ご利用ガイド | 特定商取引に基づく表示 | 個人情報の取り扱いについて | サイトマップ | お問い合わせ